【コラム】ブラジルにて世界を感じたひと夏

■海外と関わるきっかけ 私が初めて海外に出たのは2歳の時です。父の仕事の関係でアメリカのミシガン州、デトロイトに家族で暮らすことになり、そこに8歳まで住みました。土曜日には日本人学校に通い、平日は現地校で授業を受けていました。… [more]

【コラム】ブラジルにて世界を感じたひと夏 【コラム】ブラジルにて世界を感じたひと夏

【研修プログラム】シンガポールでグローバル戦略を立案

アジアのビジネスハブであるシンガポールで、自社のグローバル戦略を立案するプログラムが実施されます。アジア進出を目指す日本企業が増える中、アジアのどこで活動をすべきか、その足掛かりをつかむのにシンガポールを拠点にすることが有効です。本プログラムではシンガポールの利便性を体感しながら、自社のグローバル戦略を立案していきます。      … [more]

【研修プログラム】シンガポールでグローバル戦略を立案 【研修プログラム】シンガポールでグローバル戦略を立案

【コラム】世界をアニメで繋ぐ

■アニメと・・・合体したい (活動内容) 今でも鮮明に覚えていることがある。今年(2011年)5月にロンドンで開催されたComic Conというアニメイベントでの一幕だ。「日常」(原作:あらゐけいいち 制作:京都アニメーション)というアニメがプロモーションとして会場の一画で放映されており、僕を含め6~7人がその画面を見つめていた。画面の中では登場人物である「博士」と博士の制作した女子高生ロボット「東雲(しののめ)なの」がてんやわんやのまさに日常生活を繰り広げている。… [more]

【コラム】世界をアニメで繋ぐ 【コラム】世界をアニメで繋ぐ

【コラム】私を襲った3つのグローバルウェーブ

開国ジャパンを主宰している四方と申します。 以前は自身のブログやSNSなどでメッセージを発信していたのですが、開国ジャパンプロジェクトをはじめてからというもの、このプロジェクトの企画・運営に注力するあまり、自分の言葉を発信していくことができなくなってしまっていました。 それじゃ、イカンということで、開国ジャパンがスタートして半年、ここで改めて自分のメッセージを発信していければと思いました。… [more]

【コラム】私を襲った3つのグローバルウェーブ 【コラム】私を襲った3つのグローバルウェーブ

【連載】Vol26.世界の平和は誰が作る?

「世界の平和は誰が作る?」と聞かれたら、みなさんは何と答えられるだろう?国連?アメリカ?みんな? この問いにきれいな答えはない。時と場合に応じて対処する国、組織が違うから。つまり、図1の質問チャートに沿って答えが違う。… [more]

【連載】Vol26.世界の平和は誰が作る? 【連載】Vol26.世界の平和は誰が作る?

【コラム】日々奮闘!ハリウッドにジャパンを売り込め!

私たちJapan Film Societyは、今週末、ここロサンゼルス(LA)でLA Eiga Festという、日本の映画に特化した映画祭を開催します。世界の映画の本場・ハリウッドでの、初めての日本の映画祭。日本の映画の素晴らしさを世界に伝えるビッグ・イベントです。… [more]

【コラム】日々奮闘!ハリウッドにジャパンを売り込め! 【コラム】日々奮闘!ハリウッドにジャパンを売り込め!

【コラム】すべての始まりはインドから「アフリカ×ビジネス」

■生まれつきの開国アンバサダーではありません 今は朝6時40分。ケニアの首都ナイロビの空港で、190シリングのダブル・カプチーノを飲みながら、ロンドン行きの飛行機を待っています。ロンドンには今日の夕方に到着。1泊して明日の夕方にはロンドンを発ち、ポルトガルのリスボン経由でセネガルの首都ダカールに向かいます。… [more]

【コラム】すべての始まりはインドから「アフリカ×ビジネス」 【コラム】すべての始まりはインドから「アフリカ×ビジネス」


【コラム】ブラジルにて世界を感じたひと夏

2011年12月20日

■海外と関わるきっかけ 私が初めて海外に出たのは2歳の時です。父の仕事の関係でアメリカのミシガン州、デトロイトに家族で暮らすことになり、そこに8歳まで住みました。土曜日には日本人学校に通い、平日は現地校で授業を受けていました。

続きを読む

経験, 言語

【コラム】世界をアニメで繋ぐ

2011年12月13日

■アニメと・・・合体したい (活動内容) 今でも鮮明に覚えていることがある。今年(2011年)5月にロンドンで開催されたComic Conというアニメイベントでの一幕だ。「日常」(原作:あらゐけいいち 制作:京都アニメーション)というアニメがプロモーションとして会場の一画で放映されており、僕を含め6~7人がその画面を見つめていた。画面の中では登場人物である「博士」と博士の制作した女子高生ロボット「東雲(しののめ)なの」がてんやわんやのまさに日常生活を繰り広げている。

続きを読む

ふるまい, コラム, 経験

【ニュース】被災地高校生パリにて和太鼓演奏披露

2011年12月19日

被災地の学生が和太鼓演奏を披露することで募金を募る、新しい試みがパリでおこわれました。 他にも地元の高校生と交流したり、パリ市庁舎を訪問したりするプログラムがあり、今月13日までおこなわれました。

続きを読む

ニュース

【ニュース】中南米諸国で新たな国際機構設立へ

2011年12月08日

ベネズエラの首都カラカスにて、アメリカ、カナダが含まれない、中南米諸国のみで構成された新たな国際機構が設立されました。

続きを読む

ニュース

【研修プログラム】シンガポールでグローバル戦略を立案

2011年12月07日

アジアのビジネスハブであるシンガポールで、自社のグローバル戦略を立案するプログラムが実施されます。アジア進出を目指す日本企業が増える中、アジアのどこで活動をすべきか、その足掛かりをつかむのにシンガポールを拠点にすることが有効です。本プログラムではシンガポールの利便性を体感しながら、自社のグローバル戦略を立案していきます。      

続きを読む

プログラム, 教養, 経験

【プログラム】グローバルに通用する人材開発部門への進化

2011年12月03日

グローバル、ダイバーシティ、ゆとり社員対応、などなど。いま人材開発部門は「これまでのやり方が通用しない」人材を活用・開発しなければならないというチャレンジに直面しています。「組織開発」という領域から解決策を見出していきます。      

続きを読む

プログラム, 教養

【連載】Vol26.世界の平和は誰が作る?

2011年12月23日

「世界の平和は誰が作る?」と聞かれたら、みなさんは何と答えられるだろう?国連?アメリカ?みんな? この問いにきれいな答えはない。時と場合に応じて対処する国、組織が違うから。つまり、図1の質問チャートに沿って答えが違う。

続きを読む

スペシャル

【連載】Vol25.日本は日中戦争、太平洋戦争から何を学んだのだろう?

2011年12月16日

ここのところ歴史関係のコラムを書き続けているが、その締めくくりに、考えてみたい。日本は日中戦争、太平洋戦争から何を学んだのだろう?なぜ、あれだけ大空襲や原発で逃げ惑った人々の映画を学校で見せておきながら、戦争はいけないという安直な結論で終わるのだろう?そもそも、起こさなきゃいけない戦争だったのか?ここから本当は問うべきだ。 このテーマは、既に先人たちがいろいろ本を残しているところだが、そうした視点も盛り込みつつ、特に大事なものをかいつまんでいく。

続きを読む

スペシャル

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.12 ~トイレの神様~

2011年12月21日

  タイに来て約2か月半。 やっとチャンスがやってきた。 地方のムアントンタイニーで一人コツコツと走りながら“前に進んでいる”って自分に言い聞かせてやっとここまでこれた。 その日、ボクのサッカー生活がようやくスタートした。 地方遠征に連れて行ってもらえることになって集合時間にチームのグランドに行ったの。 時間は11時。言われた時間に到着したら誰もいない。 どうやら集合時間は2時らしい。 「時間通りに来ないと思って集合時間早く言っちゃった。」だって。 おいっ、日本人の体育会系がどれだけ時間に厳しいと思っているんだよ。 しかもなぜ3時間も前を言う。な~んて事、異文化の彼らには知ったこっちゃないの。 と、言いつつ2時にも遅刻してくるヤツがいる事にこの国の底力を感じたね。

続きを読む

サッカー

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.11 ~お金は大事だよ~

2011年12月13日

  やっと作れた大きなチャンス。 ベスの父ちゃんがチームを紹介してくれるって。 ウキウキはするけどボクには大きな問題が。 地元サッカー仲間のエム。こいつさ、金と女にメチャクチャだらしないの。 彼に関して何が問題かってね。 ボクね、こいつにお金貸しているの。 6万円も。ちょっとお話を遡らせましょう。 最初は、ちょこちょこお金を貸していたの。 なんか知らないけどお金ないんだって。そりゃそうだ。働かないくせに毎晩飲むんだもん。 だから、言ったの。「金ないなら酒やめて働けば?」って。 ビックリするよ。「金も仕事もねえんだ。酒しかねえっ!」TV以外でこんなダメな奴初めて見たよ。 自分じゃ元サッカー選手って言っているんだけど、正に慣れの果てですよ。

続きを読む

サッカー

【チーム開国ジャパン】Retro Kitchen

2011年11月25日

カナダ・モントリオールでキッチン雑貨を販売している「Retro Kitchen」ではモントリオールの季節の移り変わりもブログを通して紹介しています。11月に入り本格的な冬を前にしたブログエントリーの紹介です。

続きを読む

チーム開国ジャパン

accelEnglish

【チーム開国ジャパン】アクセルイングリッシュ株式会社

2011年10月19日

盛田智也氏が代表を務めるアクセルイングリッシュ株式会社では、『国境を越えて活躍できる「人財」の育成を加速する』という企業ビジョンを掲げ、英語コーチングやレゴブロックを使った画期的な手法、レゴ・シリアス・プレイ™をベースにした、グローバル・リーダーシップ・プログラムを提供しています。

続きを読む

チーム開国ジャパン

グローバル力検定

グローバル力検定 - GCAT

メールマガジン購読/解除

開国ジャパンプロジェクトとは

開国ジャパンプロジェクトは、日本のポジティブな開国に向けて、 世界で活躍する日本人や、日本および日本人のグローバル化に向けて活動している個人、法人、団体などが一丸となり、束になることで、より強力に、 スピーディに日本の開国化・グローバル化を促進していこうという取り組みです。

開国ジャパン落款




グローバル力とは

開国ジャパンでは【3つのCOM】(トリコム)のコンセプトに基づいて、日本および日本人のグローバル化を目指します。 CommunityCompetitionを追求するために必要な基礎力であるComprehensionを高めていくことがグローバル力を育むための重要なファクターだと考えます。
この基礎力を、「言語力」「教養力」「ふるまい力」「時事力」「経験力」という5つの軸で定義し、これらを総合的に伸ばしていくことで、地球レベルで活躍できるグローバル人材の育成を目指します。
グローバル力フレームワーク

チーム開国ジャパン

当サイトでは「チーム開国ジャパン」として、開国ジャパンプロジェクトに賛同していただけるメンバーを募集しています。

チーム開国ジャパン

グローバル力検定Lite for Facebook

グローバル力検定Lite for Facebook

東日本大震災支援

開国ジャパンプロジェクトでは東日本大震災の支援募金を受け付けています。
東日本大震災支援

日本財団ROADプロジェクトに託された寄付金は、被災者とボランティアを繋ぐNPOの活動支援に活用させていただきます。